紫外線豆知識

こんにちは!Vogueです!

本日の投稿は、紫外線に影響のお話しです☆

紫外線A波
紫外線によるダメージ 一般的に【シミ】があげられます。
紫外線によるダメージは様々な問題を引き起こします。
※ダメージを受けた細胞から生まれる皮膚は弱い皮膚になってしまいます。
真皮と表皮に影響がでます。
真皮層には、コラーゲンやエラスチンといった潤い、ハリ、弾力を保つのに重要な細胞があります。紫外線A波は活性酸素を生み出し、肌を酸化(肌サビ)させコラーゲンやエラスチンを変質させてしまいます。
※シミ、シワ、たるみの原因
※目に影響を与える可能性が高いものも紫外線A波
※B波ほどではないが発癌性あり

紫外線B波
エネルギーが強く皮膚へのダメージが強い!
表皮に影響がでます。
A波と同じようにB波もメラノサイトを刺激し、メラニンをかじょうに分泌させます。
一般的にサンバーンと言われる皮膚を赤くヒリヒリさせるような日焼け状態になります。

紫外線B波は基底層(表皮)の基底膜を破壊する作用があり、基底膜の破壊と修復が繰り返され最終的に基底膜そのものが変性してしまうことがあります。
ターンオーバーが乱れて色素沈着が慢性化してしまいます。

このように色々と影響が出てきます。
今年も猛暑が予想されていますが今からしっかりUVケアしていきましょう☆

お問合せはこちら

FACEBOOK

最近の記事

  1. 2019.06.30

    Re.Fresh
  2. 2019.06.02

    UVケア
PAGE TOP